適切な治療を受けましょう|腰椎椎間板ヘルニアとの付き合い方

看護師

検診をする事は重要です

婦人

乳がんは、12人に1人かかると言われるくらい身近な病です。ただ早期に発見して治療することで完治できる病気です。そのためには、乳がん検診を受ける事はとても重要です。乳がん検診を受けて早期に乳がんを発見することが出来れば、時間や治療費、身体的負担も少なくてすみます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

もっと読む

生活の質が重要になる

相談

横浜クリニックでは、抗がん剤治療とNK細胞療法を併用することでより治療効果を高めることができると考えているといいます。がん患者さんの生活の質を落とさないためにも、免疫力をアップさせる治療方法を選択することは有益だといえるでしょう。

もっと読む

上手な付き合い方

先生

自分の体で起こる症状

腰椎椎間板ヘルニアは、脊柱の中でも体の上半身を支える大きな役割をもつ腰椎でおこります。2番目3番目の間のヘルニアというのですが、腰椎は5個の椎骨からできており、骨と骨の間の椎間板から飛び出したものが神経を圧迫することで様々な症状がでてきます。腰椎椎間板ヘルニアの初期症状は腰痛で、ひどくなると足先までしびれて感覚がなくなることもあります。治療の為病院にいくとMRIなどの画像で診断されることが多いです。治療方針は症状により変わりますが、排尿排便障害がある時は手術療法も検討されます。ただ、基本的には保存療法で、安静とコルセットでの治療が行われます。痛みに対しては鎮痛剤の服用をし、効かないときはブロック注射が行われます。多くの人で一定の効果があり痛みが軽減されます。自分の体の一部で起こる腰椎椎間板ヘルニアと上手に付き合っていきたいものですね。

敵を知ることで分かること

腰椎椎間板ヘルニアといっても、ヘルニアの原因となる場所も違えば、症状も様々です。まずは病院で自分の症状を認識し、自分にあった治療をしてもらいましょう。その上で、腰痛になった原因を思いかえしてみましょう。重いものを中腰の体勢でもちあげた。赤ちゃんを長時間抱っこしていた。はたまた、くしゃみで腰椎椎間板ヘルニアになることもあります。重要なポイントを2点あげます。一つ目は、「姿勢・体勢」です。立った状態でくしゃみをしたり、腰に負担がかかる時、足を少し開けて両足で踏ん張り、壁などがあれば手をつきます。そしてくしゃみをします。くしゃみをするだけなのに!と思うかもしれませんが、この姿勢・体勢を身に付けることで、再発を防ぐことができます。二つ目は「筋力をつけること」です。病院の治療中に言われることも多いですが、仰向けで寝て、上半身を少しあげると、腹筋がついてきます。1日1回寝る前に行うことで、筋力がつきヘルニアになりにくい体質になりますよ。自分の体を理解し、上手にヘルニアと付き合っていきましょう。

いびきを甘く見ないこと

医者

いびきというとなんだそんなことかと甘く見てしまうことも多いものですが、場合によっては睡眠時無呼吸症候群という病気の可能性もありますので、甘く見ないようにすべきです。特にいびきの回数が多いケースや睡眠が浅くて疲れが取れないケースでは医者に診てもらうことも必要です。

もっと読む