いびきを甘く見ないこと|適切な治療を受けましょう|腰椎椎間板ヘルニアとの付き合い方

適切な治療を受けましょう|腰椎椎間板ヘルニアとの付き合い方

病棟

いびきを甘く見ないこと

医者

最近はいびきをかく人が増加しているといわれています。これは食の欧米化や不規則な食生活、運動不足などによって、適切な睡眠がとれていないということもあるようです。特に肥満といわれるような人に睡眠時無呼吸症候群にかかる人が多くなってきているのが特徴的です。脂肪によって睡眠時の気道が塞がれることによっていびきをかくことになるわけです。いびきというのは、気道が狭くなったことで息ができなくなったので、それを改善しようとしている体の反応でもあるわけです。ですから、睡眠時無呼吸症候群のような症状になるといびきによって睡眠が十分にとれなくなり、ホルモンバランスが崩れて体調が崩れるというようなことも少なくはありません。

いびきというとたいしたことない、場合によっては病気とも考えられないケースもありますが、場合によっては睡眠時無呼吸症候群というれっきとした病気というケースもあります。特に太っているような人がかかりやすくて、睡眠時に気道が塞がれることによっておきるケースでは、この睡眠時無呼吸症候群によってさまざまな体の障害がおきることも考えられます。睡眠というのはとても健康にとって大切なものなので、それを阻害することで、いろいろな病が併発するということにもなるわけです。ですから、単にいびきぐらいどうということもないという考え方はやめて、睡眠の邪魔となっているようなケースでは病院に行って診てもらうというようなことも考えるべきです。